第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

東福岡、自慢のモール威力発揮も届かず 高校ラグビー

 ○桐蔭学園(神奈川)46―38東福岡(福岡)●(高校ラグビー準決勝・5日)

 一時は17点差から逆転する意地をみせた東福岡だが、2年連続で決勝への道を阻まれた。

 7点差で折り返した後半4分、1年間取り組んできた自慢のモールが威力を発揮した。相手陣25メートルでのラインアウトからモールを組むと、ゴール前まで一気に押し込み、最後はフッカー福井がトライ。ゴール成功で同点にすると、3分後には密集から持ち出したプロップ木原が勝ち越しトライ。さらに21分にもゴール前10メートルからモールで押し込み、トライを挙げた。小柄ながら鍛え上げたFW陣が本領発揮し、福井は「日本一のモールを組めた」と胸を張った。

 昨春の全国選抜大会で密集戦での劣勢から桐蔭学園に敗れたことを契機に、徹底的に鍛え上げてきた。だが、「ブレークダウン(ボールの争奪戦)での精度の高さ、ここ一番でのスピードと、相手が上手だった」と藤田監督。リベンジはかなわなかった。

 優勝候補と注目を集めた前回、挑戦者として臨んだ今大会も頂点には届かなかった。主将の福井は「後輩たちが来年、やってくれる」と思いを託した。【佐野優】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/5 19:22)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column