第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

決勝は大阪桐蔭VS桐蔭学園に

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は5日、準決勝2試合が行われ、前回大会準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)と昨春の全国高校選抜大会との「2冠」を目指す桐蔭学園(神奈川)のAシード2校が決勝に進んだ。

 大阪桐蔭はBシードで唯一4強入りした流通経大柏(千葉)に逆転勝ち。桐蔭学園は東福岡(福岡)とのAシード対決で、シーソーゲームを制した。

 大阪桐蔭は2大会連続の決勝進出で初優勝を狙う。桐蔭学園は3大会ぶりの決勝で、東福岡との両校優勝だった第90回(2010年度)以来8大会ぶり2回目、単独では初の頂点を目指す。両校は昨春の全国高校選抜大会決勝でも対戦し、桐蔭学園が46―26で2連覇を達成した。一方、前回大会は準決勝で対戦し、大阪桐蔭が12―7で勝利した。

 決勝は7日午後2時試合開始。

準決勝の結果

 ○大阪桐蔭(大阪第1)31―17流通経大柏(千葉)●

 ○桐蔭学園(神奈川)46―38東福岡(福岡)●

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/5 19:00)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column