第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

高校ラグビー 大阪桐蔭vs流通経大柏 ボール争奪、勝敗を左右 5日準決勝

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第6日の5日、東大阪市花園ラグビー場で準決勝2試合が行われる。第1試合は前回準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)と千葉県勢で初めて4強入りした流通経大柏が対戦する。【長宗拓弥、角田直哉】

※校名に付くAはAシード、BはBシード

▽A大阪桐蔭(大阪第1)―流通経大柏B(千葉)=12時45分

 個の突破力や組織力で大阪桐蔭が上回るが、FW陣の体格はほぼ互角。ボール争奪戦の優劣が勝敗を左右しそうだ。大阪桐蔭は河村、奥井の両フランカーが抜群の運動量と激しい接点で相手に圧力をかける。前回大会から主力のCTB松山が統率するバックス陣も強力で、縦横自在の攻撃パターンで的を絞らせない。流通経大柏は伝統的に得意とする密集戦に加え、永山ら快足WTBを擁し、機動力も兼ね備える。昨夏の全国7人制大会で初優勝しており、ロースコアに持ち込めば勝機が見えてくる。花園では第86回大会(2006年度)2回戦で対戦し、大阪桐蔭が制した。

<大阪桐蔭>93.8キロ    <流通経大柏>92.4キロ

86―7  土 佐 塾   2回戦  53―0  早稲田実

90―0  玉  島   3回戦  45―14 京都成章

38―17 報徳学園 準々決勝  19―14 常翔学園

      71.3 平均得点 39.0

       8.0 平均失点  9.3

※校名横の数字は準々決勝先発FW8人の平均体重

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2019/1/4 16:20)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column