第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

2回戦 天理、トライ量産快勝 後半苦戦、次戦に課題も /奈良

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)は30日、県代表でBシードの天理が2回戦で岡谷工(長野)と対戦し、前半にトライを量産して43-5で快勝した。天理は1月1日の3回戦で中部大春日丘(愛知)と対戦する。【姜弘修】

 天理は前半3分、敵陣ゴール前のラックから中山律希選手(2年)がトライに成功し先制した。同10分には左右に大きく展開し、再び中山選手がトライを挙げた。テンポの速い連続攻撃で奪った前半の6トライのうち、中山選手が5本を決めてみせた。

 夫の出身校で応援に駆けつけた細谷裕美さん(46)は「こんなに点が入ってうれしい。最後まで手を抜かず力いっぱいプレーしてほしい」と話した。天理二部ラグビー部OBの北村嘉英さん(50)は「今年はFWが強いと思う。残りの時間も精いっぱい戦ってほしい」と選手たちにエールを送った。

 しかし、後半に入ると、ボールをつなぐ際にミスが出るなどして攻撃に精彩を欠き、右へ大きく展開して豊田祐樹選手(2年)が挙げたトライ1本だけに終わった。ノーサイドの笛にスタンドから大きな拍手が送られたが、シード校同士の対戦となる次戦に向け課題の残る試合となった。

岡谷工 反13

 0 0 0 0  0 1 0 0 0 5  5

 T G P D  前 T G P D 後  計

 6 4 0 0 38 1 0 0 0 5 43

天理 反7

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/31 12:14)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column