第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

2回戦 八幡工3回戦進出、やまぬ歓声 元日に8強挑戦 /滋賀

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている「第98回全国高校ラグビーフットボール大会」(毎日新聞社など主催)は大会第3日の30日、11大会ぶりに初戦を突破した県代表の八幡工が、城東(徳島)と2回戦で対戦。24-14で勝利を収め、15大会ぶりの3回戦進出を果たした。元日の来月1日、大会屈指の強豪・東福岡とベスト8進出をかけて対戦する。【諸隈美紗稀】

 ノーサイドの笛が鳴った瞬間、ユニホームと同じ青色で埋め尽くされたスタンドは総立ちとなり、拍手が鳴りやまなかった。前半17分に7点を先取されるも、同22分に10メートル左中間ラックから左へSH西田顕嗣選手(3年)、右プロップの村北直樹選手(3年)とボールをつないでトライ。西田選手のゴールで同点に追いつき、同30分にはペナルティーゴールを西田選手が決め、勝ち越しに成功した。

 後半もモールやラックで攻め続けた八幡工。左ロックの五十野(いその)海大選手(3年)は「相手のキーマンで、自分より体重の重い右プロップに、特に注目して向かっていった」と力勝負にも負けない好プレーを展開し、ボールを前へつなげた。スタンドから見守った父睦弘さん(47)は「息子として誇りに思う」と雄姿を見つめた。

 終了間際にも、中央ラックから西田選手、右ロックの中村強志選手(3年)とつなぎ、左中間に勝利を確信させるトライを成功。OBでラグビートップリーグ・ヤマハ発動機所属の山本幸輝さん(28)は「花園で年を越すという目標を達成できてよかった。ここまで連れてきてもらい感謝している」と喜んだ。

 3回戦は1日午後2時45分から、第3グラウンドの予定。

城東(徳島) 反5

 1 1 0 0  7 1 1 0 0  7 14

 T G P D  前 T G P D  後  計

 1 1 1 0 10 2 2 0 0 14 24

八幡工 反3

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/31 12:09)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column