第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

2回戦 国栃、シード校撃破 あす報徳学園と対戦 /栃木

 東大阪市の花園ラグビー場で開かれている第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で、県代表の国学院栃木は30日、Bシードの日本航空石川(石川)を28-12で破り、3大会ぶりの3回戦進出を決めた。2大会前に引き分け、抽選の末3回戦進出を逃した因縁の相手に雪辱した。来月1日(午後1時20分開始予定)に行われる3回戦では、Bシードの報徳学園(兵庫)と対戦する。【李舜】

 国学院栃木は、試合の主導権を握ろうとスクラムに特化の布陣。プロップ中村公星主将(3年)をロックに回し、スクラムの強い中野一樹選手(2年)をプロップで起用するなどFW8人の平均体重99キロの「メガトンスクラム」(吉岡肇監督)で臨んだ。

 前半11分、早速メガトンスクラムが襲いかかった。ゴールライン直前からの日本航空石川ボールのスクラムでプレッシャーをかけ、相手がたまらず反則。ボールを取り返すとFWがボールをつなぎ、フッカーの石母田健太選手(3年)が先制トライ。スクラムで押し込んだ中野選手は「公式戦初先発で緊張したが自分の仕事をやりきった」と胸を張る。

 前半を14-5でリードして終えると、後半も国栃ペース。後半15分には敵陣22メートルライン付近から、約3分間FWで攻め続け、最後はプロップ藤倉大介選手(2年)がトライを決めリードを広げた。

 後半29分には、SO前田玲緒選手(2年)からのキックパスを受けたWTB中里泰介選手(3年)が仕上げのトライ。ゴール後のキックが決まり、ノーサイドの笛が鳴った。

 2大会前には日本航空石川と引き分け、抽選の結果3回戦に進出できず、選手たちは組み合わせ決定後からリベンジに燃えていた。中里選手は「先輩たちの敵を討ててうれしい。勝利をささげたい」と笑顔を見せた。

リベンジに燃えて 国学院栃木・FW 中村公星主将(3年)

 普段はおとなしい主将は、ノーサイドのホイッスルが鳴り響いた直後、雄たけびをあげながら右手を突き上げ、喜びを爆発させた。

 2年前の12月30日、1年生ながらメンバー入りし、日本航空石川との2回戦をベンチから応援していた。負けるわけがないと思っていたが、結果は抽選引き分けで3回戦進出ならず。負けずに花園を去る先輩の姿を誰よりも近くで見ていた。

 今月上旬の組み合わせ抽選会で、勝ち上がると日本航空石川と対戦することが決まり、「自分たちの代で先輩たちのリベンジをするチャンスをもらえるとは思っていなかった。燃えている」と大会前から意気込んでいた。

 この試合では、スクラム強化のため昨年まで務めていたロックで先発出場。スクラムで相手を圧倒し続けるだけではなく、FW戦で体を張り、チームの勝利に大きく貢献した。吉岡肇監督も「FW戦で勝てたのが大きかった。主将がよくやってくれた」と評価する。

 「これで先輩たちに良い報告ができる」と安堵(あんど)と喜びで目を少し赤くしていたが、「喜ぶのはもう終わり。3回戦で勝つためにもチーム全体で気を引き締めないといけない」とチーム最高の8強入りを誓った。【李舜】

日本航空石川 反11

 1 0 0 0  5 1 1 0 0  7 12

 T G P D  前 T G P D  後  計

 2 2 0 0 14 2 2 0 0 14 28

国学院栃木 反6

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/31 12:00)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column