第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

1回戦 新田快勝、持ち味発揮 全員でパス回し12T /愛媛

 東大阪市の花園ラグビー場で27日開幕した第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)で、10大会ぶり45回目出場の県代表・新田は、1回戦で山形中央(山形)に80-19で快勝し、初戦を突破した。2回戦は30日、玉島(岡山)と対戦する。【李舜】

 新田は前半1分、敵陣22メートルラインから、パスを回し最後はWTB大村恵太選手(3年)が抜け出し、値千金の先制トライ。大村選手は「チームで取ったトライ。いい流れで得点できた」とガッツポーズした。

 しかし、その後は山形中央の出足の鋭いタックルなどでリズムをつかみきれず、前半は35-19で終えた。

 修正したのはハーフタイム。亀岡政幸監督の「普段通りボールを回すぞ」という言葉に選手たちが奮起。SH泉羽矢斗選手、U17(17歳以下)日本代表のSO戒田慶都主将の両2年生を中心に、15人全員でグラウンドを広く使う展開ラグビーで攻め続けた。

 後半4分に戒田主将がトライを奪うと、13、16分にはNO8加藤祥汰選手(3年)が連続トライ。加藤選手は「うちはFWもパスができるし、走れる。新田らしいラグビーができた」と胸を張る。

 その後も、FW、バックスが一体となりパスを回し続け後半だけで7トライ。持ち味の展開ラグビーをいかんなく発揮し、2回戦進出を決めた。

山形中央 反3

 3 2 0 0 19 0 0 0 0  0 19

 T G P D  前 T G P D  後  計

 5 5 0 0 35 7 5 0 0 45 80

新田 反5

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/28 15:33)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column