第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

新潟工「1勝つかむ」 あす山口・大津緑洋と対戦 /新潟

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)が27日、東大阪市の花園ラグビー場で開幕する。県代表の新潟工は同日午後1時20分から、山口県代表の大津緑洋と対戦する。

 新潟工の全国大会出場は15大会連続43回目。昨年は1回戦で敗退したが、11月3日に行われた県大会決勝では持ち前の攻めのラグビーを展開し、47-5で北越に勝利した。全国大会でも余勢を駆って上位に進出することを目指している。

 対する大津緑洋は5大会ぶり29回目の出場。新潟工の樋口猛監督は大津緑洋について「しっかり考えられたラグビーをしてくる相手という印象。我々がやることは変わらない。相手に対応しつつ、まずは1勝をつかみ取りたい」と語った。

 1回戦を突破すれば、関東シードの強豪・茗渓学園(茨城県)と対戦することになる。チームの目標は8強入り。選手たちは花園という大舞台を前に気持ちを高めている。【北村秀徳】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/26 11:09)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column