第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

「花園で悲願の優勝を」 報徳学園、西宮市長に抱負 /兵庫

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)に出場する報徳学園ラグビー部が19日、西宮市の石井登志郎市長を表敬訪問した。

 西條裕朗監督(55)は「ワールドカップ仕様に改装された花園ラグビー場の第1グラウンドで試合ができるのが楽しみ。中学時代に全国制覇した選手が今年のチームの主力になっており、何とか悲願の優勝をしたい」と抱負を述べた。福西隼杜主将(3年)は「部員85人で一丸となって、昨年超えられなかったベスト4を超えて優勝するのが目標」と意気込みを語った。

 元日本代表の増保輝則さんらと神戸製鋼所に同期入社した石井市長は「どれだけ冷静になれるかが勝ちにつながると思う。クレバーに戦ってほしい」とエールを送った。【石川勝義】

〔神戸版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/20 14:27)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column