第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

関商工 プロコーチ招き練習 二ノ丸さん、月1回 メンタル育成やメニュー考案 /岐阜

 27日に開幕する全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビーフットボール協会、毎日新聞社など主催)に県代表として出場する関商工が、プロコーチ、二ノ丸友幸さん(39)を招き、練習に取り組んでいる。二ノ丸さんは2017年1月から関商工で月1回程度指導。同校の2大会ぶり38回目の全国大会出場に貢献した。

 二ノ丸さんは啓光学園(大阪)、同志社大を経て、ラグビートップリーグ「クボタスピアーズ」でプレーした。現在は日本ラグビーフットボール協会のU17、U18日本代表のコーチなどを務める。

 全国の12チームと契約して指導にあたり、関商工もその一つ。同校では、選手が主体的に練習に励むためのメンタル育成の指導や、チームの状態に合わせた練習メニューなどを考案している。

 10日には、1回戦の高松北(香川)や、勝てば2回戦で当たる強豪・東福岡(福岡)の対策について選手たちと教室で議論。状況や点差に応じた具体的な戦術を決めた。また全国大会に向け「前向きな言葉がけ」などチームのテーマを5点掲げた。

 また17日には、点差や時間などに応じて決めた戦術を実践練習した。二ノ丸さんは「やるべき戦い方のシステムなどを選手たちが理解できていたので、手応えを感じている」と語った。山田楓真主将(3年)は「自分たちが考えてもいなかった高いレベルの知識や戦術を教えていただけるので、チームにプラスになっている。全国大会では一戦必勝で頑張りたい」と意気込む。【沼田亮】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/20 12:14)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column