第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

国学院栃木の壮行会 花園での健闘誓う OBら激励 /栃木

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に19年連続で出場する国学院栃木の壮行会が15日、栃木市内の宴会場で行われた。集まった保護者やOBら約150人に激励された選手たちは、花園での健闘を誓った。

 登録メンバーと女子部員を含む3年生全員の約50人が「勝利に貢献するプレーをする」「試合出場を諦めず最後まで全力で練習に取り組む」などと決意を表明。中村公星主将(3年)は「皆さんの応援を胸に、(フォワードの強さなど)自分たちの強みを生かして1試合でも多く勝てるように頑張ります」と誓った。

 吉岡肇監督は「今年は県大会の連勝記録が119で止まり不安だったが、選手たちがたくましくなって花園への切符をつかんでくれた」とあいさつ。OB会長の坂上勇輔さん(46)は「今年も花園に連れて行ってもらえてうれしい。残り少ない日々でしっかり準備してほしい」と激励した。【李舜】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/16 12:26)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column