第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 府勢、28・30日に登場 大阪朝鮮、常翔学園、大阪桐蔭 /大阪

大阪朝鮮「一戦一戦が挑戦」 常翔学園「全国に名広める」 大阪桐蔭「悔しさぶつける」

 東大阪市の花園ラグビー場で27日開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市北区の毎日新聞オーバルホールであり、府勢3校の試合日程が決まった。ノーシードの大阪朝鮮は28日、Bシードの常翔学園とAシードの大阪桐蔭は30日にそれぞれ登場することになり、主将たちが全国の舞台での健闘を誓った。【加藤佑輔】

 大阪朝鮮は28日午前10時、日川(山梨)と対戦。李承信(リスンシン)主将(3年)は「広いスペースを使い、どんどんボールを動かしてトライを重ねたい。一戦一戦チャレンジャーの気持ちで、全力で臨む」と意気込みを語った。

 常翔学園は30日午前9時、米子工(鳥取)-桐生第一(群馬)の勝者と戦う。梁本旺義(おうぎ)主将(3年)は「FWを中心に相手を圧倒する攻撃的なラグビーを展開したい。優勝し、全国に常翔の名を広めたい」と話した。

 大阪桐蔭は30日午後2時半、土佐塾(高知)-青森北(青森)の勝者と対戦。松山千大主将(3年)は「昨年は花園の決勝で敗れ、悔しさを胸に1年間練習してきた。どのチームが相手でも全力を出し切りたい」と力を込めた。

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 13:28)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column