第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

京都成章、27日に初戦 大会第1日 仙台育英と /京都

 東大阪市花園ラグビー場で、27日に開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高体連、日本ラグビー協会など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであった。5年連続11回目の出場となる府代表の京都成章は大会第1日の27日午後2時40分から第3グラウンドで、23年連続25回目の出場の仙台育英(宮城)と対戦することが決まった。

 抽選会には、湯浅泰正監督とSO・安藤海志主将(3年)が参加した。対戦相手の仙台育英とは今夏に練習試合をしたといい、湯浅監督は「(戦力は互角で)初戦の相手としては嫌だが、やりがいがある」と指摘。前回大会はAシードだったが、今回はノーシードで臨む。「チームワークが良く、(ノーシードからベスト4に進出した)第88、89回の時と雰囲気が似ている。まずは初戦を突破することだけを考えたい」と語った。

 安藤主将は「自分たちのラグビーをすれば負けない。成章のディフェンスを全国に見せつけ、ノーシードでも勝てることを証明したい」と意気込んだ。

 仙台育英はフォワード、バックスともに戦力が充実しており、県予選3試合を全て大差で勝ち抜いた。花園での最高成績は京都成章と同じ4強。【大東祐紀】

〔京都版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 14:42)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column