第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選 早実は名護と対戦 本郷は尾道と /東京

 東大阪市花園ラグビー場で27日に開幕する第98回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれた。東京第1地区代表の早稲田実は名護(沖縄)、東京第2地区代表の本郷は尾道(広島)と、それぞれ28日の1回戦で対戦する。

 歴代最長のブランクとなる79大会ぶり6回目の全国大会出場を果たす早稲田実。対する名護は、2大会ぶり17回目の出場だ。早稲田実の相良昌彦主将(3年)は「あまり時間はないが、しっかり準備して、一つでも上に行けるよう頑張る」。

 一方、8大会ぶり10回目の出場となる本郷は、12年連続出場の尾道と激突する。本郷の島田耕成主将(3年)も「おくすることなく、しっかり立ち向かっていきたい」と意気込んだ。【山本有紀】

〔都内版〕

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 2:18)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column