第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

組み合わせ抽選会 仙台育英、京都成章と 初戦27日「最高の状態で臨む」 /宮城

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(日本ラグビー協会、毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会が1日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれた。23大会連続25回目の出場となる仙台育英は、大会1日目の27日に1回戦で、5大会連続11回目出場の京都成章(京都)と対戦することが決まった。東大阪市花園ラグビー場の第3グラウンドで午後2時40分キックオフ予定。(大会組み合わせは運動面に掲載)

 京都成章は過去の花園で3回の4強入りを果たした強豪校で、昨春の高校選抜ラグビーでは準優勝した。府予選決勝では、伏見工の後身校の京都工学院に39-0で完勝し、激戦区から花園の切符をつかんだ。

 仙台育英の丹野博太監督は「(相手のことは)まだ分からない。ベストパフォーマンスで臨む」と語った。くじをひいた土方直哉主将(3年)は「ノーシード校の中でも最強で、体格も大きい選手が多い」と警戒。「バリエーション豊かな攻め方を展開して、チャレンジャーのつもりでぶつかりたい」と意気込んだ。【滝沢一誠】

関連記事
記事(提供:毎日新聞/2018/12/2 11:09)

毎日新聞

Copyright (C) 2017 毎日新聞社 記事の無断転載を禁じます。

高校ラグビーニュース

毎日新聞

Column