第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

宮崎代表

高鍋


写真提供:毎日新聞社

【学校創設】
1912年
【創部】
1947年
【戦績】
ベスト4
【監督名】
檜室 秀幸 (44歳)
【部員数】
48人
3年生 19人
2年生 15人
1年生 14人
主将インタビュー
地区大会決勝
11月11日(日) 高鍋 58 - 5 都城工業
(KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園ラグビー場)
監督による戦力分析
今年のチームの特徴・強みを教えてください。
・総合力
キックゲームでしっかりと地域を獲得し、敵陣で勝負したい。ATでは、中盤からは素早く大きくボールを動かして縦横無尽にグラウンドを駆け回りたい。DFでは、体は非常に小さいが、FW3列とCTBを中心に伝統の低いタックルと集散の速さで上位を目指したい。
・FW
前5人の忍耐力、2・3列の機動力が鍵。スクラムは安定している。平均的には非常に小さく軽量なので、セットプレーを大事にしたい。
・BK
ワイドな展開を目指す。SH白栄とSO瀬尾のゲームメイクが鍵。
今大会の目標を教えてください。
ベスト8以上
主な学校OB・OGを教えてください。(ラグビー部出身者以外も含む)
黒木直之(NTTコム、元GM)、小西義光、金谷福身(元日本代表)、児玉耕樹(元三洋電機)、平原大敬(豊田自動織機)、西村岳洋(日野自動車)、八文字雅和、西村龍馬、西川中(コカコーラ)、長友泰憲(サントリー)、井上敬浩、黒木健人(九州電力)、今井美樹、池田親興

Column