社員紹介

どんな映像を撮るか、何を伝えるか
カメラを通じて発信できることは無限大

崎原 佳奈子

制作技術局 制作技術部 映像担当兼照明担当
芸術工学部卒業/2018年入社

崎原 佳奈子

制作技術局 制作技術部 映像担当兼照明担当
芸術工学部卒業/2018年入社

interview1

学生時代に裏方の魅力に気づき、カメラマンを志望

もともとテレビを見るのが好きで、将来はテレビ関係の仕事に就きたいと思っていました。高校生になってもその思いは変わらず、進学先もテレビ局への就職を意識して学科を選択。大学に入学するまではディレクターになって番組制作に携わりたいと思っていましたが、所属したサークルで、撮影、音響、照明などファッションショーを学生だけでつくり上げる経験を通じて、技術の仕事に惹かれるようになりました。なかでも現場の最前線にいられるカメラに魅力を感じ、映像への想いが強くなりました。
MBSを志望したのはインターンシップに参加したことがきっかけです。本物のカメラを使った収録を体験できる内容もさることながら、指導してくれた先輩方の雰囲気や実際に技術として活躍する女性社員の方々にお会いできたことで志望度がアップしました。インターンシップに参加していない就活生も、面談を通じてMBSが一番落ち着くという人がたくさんいました。どの放送局でも「作る」という意味では同じ仕事かもしれないですが、一緒に働く人の雰囲気は放送局ごとに違うのだと思います。自分に合う場所を見つけられてよかったと思っています。

interview2

人を育ててくれる社風
配属1ヶ月でカメラデビュー

制作技術部に配属となりカメラと照明の担当になりました。これまでは映像は映像、照明は照明と担当が分かれていましたが、両方に携わった方がより多くのことを学べるだろうと2018年度から新たに兼務体制がスタートしました。私はその第1号として勤務しており、先輩方からも「恵まれている」と羨ましがられています。配属1カ月で『ちちんぷいぷい』内のお天気コーナーでデビューさせていただいた他、『住人十色』のスタジオカメラや『メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか』の照明としても研修中。画面越しに見ていた時は簡単そうに思えたことも、いざ自分がやるとなると大変なんだと実感する毎日です。例えば、ちちんぷいぷいのエンディングにあるお天気コーナー『マエダ天気』は撮影は本社前でという決まりさえ守れば、どこをどう撮るかは自分次第。カメラマンは私だけという責任はあるものの、自由に提案できる!と喜んで臨みました。しかし、実際にデビューしてみると、見せ方のみで「同じ場所をいかに違う印象にするか」という難しさに悪戦苦闘。制約がある中で自分が表現したい映像をどうやったら撮れるのか、先輩方から指導頂きながら日々模索しているところです。

interview3

やっぱりテレビは面白い!
そう思ってもらえる映像を

新人カメラマンの登竜門が8月に開催される『全国高等学校軟式野球選手権大会』です。配属時から宣告されていたこととはいえ、野球とは無縁の私にとってこの撮影はルールを覚えるところからのスタート。仕事後の野球観戦、DVDでの独学と努力はしましたが、子供のころから野球が好きで自然とルールが身についている先輩方には敵いません。試合当日、私はピッチャー担当カメラだったのですが、急展開する試合の熱気に押され、準備していたカメラワークにも挑戦できず、ただひたすらピッチャーを追うばかり。途中で満塁になった時には内野の人の多さに軽くパニックになり、「無理せずピッチャーを撮影すべし」と自分に言い聞かせていました。そんな時、先輩から「ピント合ってないよ」と連絡が…。もっと早く言ってほしかったと落ち込んでいる間に試合は終了。帰り道では先輩の目を見ることもできませんでした。
しかし、先輩方はそんな私を叱責することもなく、反省会ではたった1つの長所を見つけて褒めちぎってくれました。こんな褒め方があるのか!と思うほど斬新な褒めっぷりに、申し訳なさとありがたさで胸がいっぱいになりました。未熟な私はまだ先輩の真似をすることで精いっぱいですが、自分の意図を映像にのせて視聴者に伝えるやりがいもわかりかけているところ。昔、自分がオリンピックの男子バレーの予選を見て感動したように、いつかは私が撮った映像で誰かに感動を与え、より多くの人に「テレビってやっぱり面白い!」と思ってもらえたら嬉しいです。

みなさんへ一言

就職活動中は自分より周りの就活生の方が優れていると感じる時があると思います。私自身はそうでした。でも、意外と周りもそう思っているかもしれません。もし周りに気後れしたとしても「MBSで何がしたいのか」を明確にできれば、面談にも自信を持って臨めるはず。何がしたいのかわからないという人も、自分の好きなものを見つけて発信する力をつけていけばいいと思います。とにかくMBSの面談は面談っぽくないですし、エントリーシートに書いてあることもほとんど聞かれません(笑)。だから用意周到に準備するよりも、自分の思ったことを素直に話すことをおすすめします。

PICKUP

インターン募集中