MBS(毎日放送)

2019年09月04日 10時00分 公開

毎日放送は本当にアットホーム? MBS開局感謝祭

就活生の皆さんに社風を聞かれると「厳しいイメージのある放送業界ですが、MBSはかなりアットホームな会社です」とお答えしています。本当にそういう会社だと思っているのですが、雰囲気というものはなかなか言葉でお伝えするのが難しくいつも困っています。とういことで、今回はMBSらしさが伝わるイベント「開局感謝祭」を写真とともにご紹介させていただきます。

会場全体.jpg

1951年9月1日に開局したMBS。開局を記念して社員やスタッフのみなさんをお招きして毎年「感謝祭」を開催しています。会場は阪急梅田本店屋上の「うめはんビアガーデンマルシェ」。当日はマルシェを貸し切らせていただいて美味しい食事と飲み物が振る舞われます。会社や部署の枠を越えみんなで一同で介しましょうという趣旨で開催されていて、家族で参加される方が多いのもMBSのアットホームさの表れだと思います。

ステージでは「二度と見られない!?クイズMBS衝撃映像祭り!」と「オールザッツMBS一芸グランプリ」という2つの企画が用意されていました。冒頭の写真は新人アナウンサーの野嶋が打ち込んできた空手を披露している様子です。その他にも

20190903尾崎1(データ小).JPG

かつてMBSの番組に天才バイオリン少年として出演した新人AD尾崎が情熱大陸のテーマを披露

20190903飯岡みゆき2.JPG

若手Dの竹内とADの飯岡さんのアナ雪コント(?)

などなど、仕事上ではみせない一芸を披露し、親睦を深めた一夜となりました。

20190903八光・山中・清水・野嶋.JPG

司会は新人アナウンサー清水と野嶋が
(月亭八光さんにも参加いただきました)

林新太郎.JPG

東京支社会場の様子を新人営業マン林が中継

会を通じて感じたのは「若者たちの活躍」です。「ひょっとして先輩たちが若者が活躍するような場を演出してくれている!?」「なんてアットホームな会社なんだろう」わたくしの考えすぎでしょうか・・・。

20190903岡本1.JPG

岡本開発部長がBTSの「DNA」を披露

20190903新堂.JPG

新堂制作2部長がコスプレで開会宣言

もちろん先輩たちも会場を盛り上げます。ふつうの会社の部長ってこんなことしてくれるんでしょうか。

やっぱり「MBSはアットホーム!」でまちがいないような気がします。


余談になりますが、会場となった屋上にはこんなプレートがあります。

プレート.jpg

実は、1951年9月1日開局の当時、MBSはこの阪急梅田本店の屋上に本社がありました。開局から今年で68年。先人たちの熱き想いとアットホームな雰囲気を引き継ぎ若者たちがキラキラした姿を披露する。なんともロマンチックな夜でもありました。 記事:開局当時のMBSについて

バックナンバー

SHARE
Twitter
Facebook