2018年05月17日(木)のレシピ

燻しカツオそうめん



担当は、
喜多川 達先生
喜多川 達

材料

4人前

カツオ(皮付き生食用・柵)・・・400g
オクラ・・・16本
なす・・・2本
新しょうが・・・80g
黄ニラ・・・40g
そうめん・・・4束
京番茶・・・10g
ざらめ・・・50g
サラダ油・・・適量
塩・・・適量

《A》
だし・・・600g
みりん・・・120g
しょうゆ・・・124g

作り方

①カツオは塩をして5分ほど置く。

②フライパンにアルミホイルを敷いて、ざらめと京番茶をひいて火をつける。(※弱火)
ざらめが溶けて煙が出てきたらフライパンより大きめの網をのせて、その上に①をのせる。
フライパンと同じくらいのサイズのボウルを被せて、弱火で2分ほど燻す。
(※注意※ この時、煙が沢山出るので、換気をしっかりとして下さい!)

③②の皮目を焼いて焼き色をつける。
1cm幅にスライスする。

④なすは皮をむいて、縦半分に切り棒状に切る。
かるく素揚げする。

⑤鍋に《A》を入れて沸かし、④をあついうちに入れて火を止めて氷水でしっかり冷ます。
冷めたら③を入れて5分程漬ける。

⑥オクラは下茹でして、ねばりが出るまで包丁で細かくたたく。
黄ニラは5cm長さに切り、サラダ油で軽く炒める。
新しょうがは皮をむいて千切り。

⑦そうめんは袋表示通りに茹でて、水で洗いぬめりをとり氷水でしめて、水分をしぼる。

⑧器に⑦を入れて、オクラ、⑤のカツオとなす、黄ニラ、新しょうがをのせる。
⑤の漬けていた《A》のだしをかける。