日曜劇場『佐々木夫妻の仁義なき戦い』

1月27日(日) よる9時

離婚の危機を回避した2人に、今度は仕事で新たなバトルが勃発!

みどころ

 「夢が丘ニュータウンの」ゴミ問題を結果として協力し合う形で丸く収めた、稲垣演じる法倫と小雪演じる律子。「夫婦は得意分野で協力し合えばいい…」という法倫の言葉で、離婚の危機は回避できたかに見えたが、新たな問題が勃発してしまう。
今度は同じ離婚裁判の原告側と被告側からそれぞれ弁護の依頼をされてしまったのだ。律子は猪木の恩人だからと一歩も引かない。対する法倫も、母親の友人からの依頼だからと言い返す。お互いに譲れない立場に立たされた法倫と律子がとった方法とは・・・。
 また、毎回プロレスラーが何らかの役で登場する事も見所の一つだが、第2話では小川直也が登場!
 さらに、稲垣の最大のライバル弁護士・草g剛も再び出演。2人のバトルにも乞うご期待!!

内 容

 離婚の危機を回避した法倫(稲垣吾郎)と律子(小雪)の元に、新たな依頼人がやってくる。
 律子には、猪木(古田新太)の知り合いで不動産業を営む前田幸造(泉谷しげる)から、10年も別居をしている妻の奈津子(朝加真由美)と離婚したいという相談がくる。内縁関係の女性に子どもが出来たことが理由なのだが、「女房と別れることで、子どもに両親ができることは意味のあることだ」という幸造の言葉に、律子は離婚裁判の依頼を受けることを決める。
 それと時を同じくして、法倫は母のゆと子(江波杏子)から奈津子の離婚相談を受けてる。何と母と奈津子は知人だったのだ、、、。
 離婚は認められてしまう可能性が高いと法倫は奈津子に伝えるが、「好き放題浮気して、10年経ったら法律上離婚していいなんて…」という奈津子の言い分に賛同した法倫は、幸造の離婚訴訟を律子が受けているとは知らず、彼女の力になろうと決心する。
 その数日後、奈津子へ法倫の事務所から離婚訴訟の訴状が届いた。ゆと子からの連絡にビックリする法倫だが、訴状にある代理人の名前が律子だと聞かされる。そのことを律子に問い詰めると、律子は猪木の恩人だからと一歩も引かない。対する法倫も、母親の友人からの依頼だからと言い返す。と、そこに「じゃんけんで決めればいかが?」と馬場(藤田まこと)が提案する。お互いに譲れない立場に立たされた法倫と律子だったが・・・

出演

佐々木法倫:稲垣吾郎
佐々木律子:小雪

桜庭元:小出恵介
鈴木恵:酒井若菜

猪木鉄男:古田新太
小川信司:山本耕史

佐々木ゆと子:江波杏子
蝶野清:西村雅彦
馬場啓一郎:藤田まこと

【ゲスト】
前田幸造:泉谷しげる
       小川直也