日曜劇場『ハタチの恋人』

10月14日(日) よる9時

明石家さんま&長澤まさみの豪華W主演!!

みどころ

 明石家さんまが5年ぶりに連続ドラマに出演する。TBSドラマでは「平成15年度文化庁芸術祭大賞」を受賞したSPドラマ『さとうきび畑の唄』以来4年ぶりだ。そして、百戦錬磨のさんまの相手役は、人気、実力共に若手女優No.1の長澤まさみ。この二人がついにTBSのドラマで初共演することになった。
 仕事、私生活ともに人生の先が見え始め、何をよりどころにこれからの人生を生きていけばよいかを悩みはじめた典型的な"50オトコ"。「もうこの先ドキドキするようなことはないのだろうな」と思った矢先、昔の恋人にそっくりなハタチの女性が現れる。男の気持ちはどんどん若返り、前向きに変わっていく。そして、男はその先に失くしかけていた「生きがい」を見出してしまう・・・。
 そして、何事にも真剣で目標をしっかりもっているこのハタチの女性は、人生に目標があることの大切さを見る者に気付かせてくれる存在だ。
 ひとことで言えばこのドラマは「ラブコメ」。しかし、生きることに一生懸命になっている純粋な人間の姿に、ふと考えさせられ、涙してしまう、そんなドラマでもある。注目の展開にご期待ください!

内 容

 50歳のサラリーマン・井上圭祐(明石家さんま)は、二十余年大阪の食品会社の営業畑で懸命に働いてきた。そして、妻・小百合(森下愛子)をこよなく愛している。圭祐の愛の軌跡を語った「オレの恋愛三部作」(「第一部・出会い編」「第二部・純愛編」「第三部・婚約編」)は、今や部内でも伝説化している。初恋の人との突然の別れ、彼女の失踪。そして、傷ついた圭祐の前に救世主のごとく現れたのが、小百合なのだ。
 そんな圭祐が今、いちばん憂鬱なのは東京への出張。お世辞にも良いとはいえない大阪支社の営業成績を報告しなければならないからだ。今回もこってりしぼられた圭祐は、宿泊するホテルで偶然先輩の風太(市村正親)と出会う。風太には、昔、金や女のことでさんざん迷惑をかけられたが、その風太が今は東京で「森山リュウ」というペンネームのベストセラー作家となり、圭祐が泊まったホテルのスィートルームに"カンヅメ"だという。その日以来、圭祐は出張の度に風太の部屋に出入りするようになる。そしてその場で圭祐にとって運命の出会いが・・・。
 その女性の名前は沢田ユリ(長澤まさみ)。グラフィックデザインの専門学校生でホテルのルームメイドのアルバイトをしている。彼女は、ある目的から中年男・圭祐に近づく。中身は「オバチャン」だが、可愛い顔に"魔笑"と呼ばれる抜群の笑顔で、ユリは男たちを魅了する。しかも彼女はなんと圭祐の「恋愛三部作」の初恋の人にそっくりなのだった!!

出演

井上圭祐:明石家さんま
沢田ユリ:長澤まさみ

河村由紀夫:塚本高史
井上小百合:森下愛子

ユリの母:小泉今日子

鈴木風太(森山リュウ):市村正親