MBS 毎日放送

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス

2019年818日(日) 早朝5:15

タミばあちゃんの終活~いのちと向き合った1年~
みどころ
『JNNルポルタージュ』としてJNN各局が制作したドキュメンタリーをお送りしてきた当番組は、この4月から番組タイトルを一新して『JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス』として再スタートすることになりました。
時代をみつめ時代を生きる人々に密着するドキュメンタリーの精神はそのままに、より内容を充実して視聴者のみなさまにお届けしたいと思っています。
引きつづきよろしくお願いいたします。
番組内容
 いつかやってくる身内の死。我が家のタミばあちゃんは去年、母と終活を始めた。宮田民子さん(89)。みんなからは、タミばあちゃんよ親しみを込めて呼ばれている。南の島々が、日本に統治されていた時代に南洋群島パラオ島コロール村で生まれたという。
軽度の認知症を患う中、私の母・幸枝(60)とともに自分の人生をまとめるため自叙伝を書いている。さっき起きたことは覚えていなくても、いつも覚えていることがある。それは、母と私のこと、そして幼少時代を過ごしたパラオでの思い出だ。

 「パラオに行こう」が、口癖のタミばあちゃん。そこで、私たち家族は去年9月、タミばあちゃんのパラオ終活旅行を決行。タミばあちゃんと一緒に記憶の糸を手繰り寄せ、出生地を探し出すことが目的だった。だが、私の母・幸枝には別の目的があった。タミばあちゃんに隠してきた秘密…、「ある人物の死」をパラオで告白しようと決意していたのだ。

 終活を通して心を通わせる私の祖母と母…。2人の姿を親子三世代、孫の私が取材した。
担当ディレクター:堺 玲奈
制作局:MRT