出演者

アレッサンドロ・サフィーナ(テノール歌手)

イタリア・シエナ出身。
テノール歌手として活躍しながら、クラシックをもっと身近なものにしたいと、ポップスと融合させた“情熱的なポップ・オペラ・ミュージック”という自身の新しい音楽分野を確立。コンサートツアーやテレビ番組を通してサフィーナ・ワールドを展開し、世界に熱狂的なファンを数多く持つ。
川井郁子(ヴァイオリニスト)

ドラマチックな音楽世界と圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了し続けているヴァイオリニスト。
国内外の主要オーケストラとの共演の他、自身の楽曲が羽生結弦選手などフィギュアスケート界でも多数使用されている。第36回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞受賞。最近は音楽と台詞で演じる新しい音楽舞台を作り出している。大阪芸術大学教授。
クリスタル・ケイ(シンガー)

人気・実力を兼ね備えた女性シンガーとして注目を集めているヴォーカリストのひとり。
近年は歌だけでなくダンスプロジェクトにも参加するなど活躍の場を広げ、また2013年よりニューヨークにも拠点を移して活動するなど、アーティストとして更なる進化を遂げている。今年6月にニューアルバム『For You』をリリース。
城田優(俳優・歌手)

歌やテレビ・映画・舞台・ミュージカルでの芝居だけでなく、ミュージカルの演出やドラマの監督など、活動の場を広げ多才ぶりを発揮しているアーティスト。
今年は舞台『ブロードウェイと銃弾』で菊田一夫演劇賞受賞。ドラマ『バイバイ・ブラックバード』、映画『羊と鋼の森』等で様々な魅力を打ち出している。10月にはアルバム「a singer」を発売予定。
セロ(パフォーミング・アーティスト)

生まれ育ち共にアメリカ・カリフォルニア州。日本の東京を本拠地とする。
ストリートマジックの先駆者の一人として東西をまたがり世界中の観衆を魅了し続けている21世紀を代表するエンターテイナー。常に新しいマジックにチャレンジし、限界に挑みテレビやステージショーにおける新たなエンターテイメントを創造し続けている。
ディスカバー・ジョージアン・レジェンズ
Discover Georgian Legends L.Way Production
(ジョージア民族音楽・舞踊団)


ジョージアの唯一無二の民族音楽と舞踊を披露する。独特の衣装やアクロバティックな技など、長い年月とともに凝縮され守られて次世代へと繋げられているジョージアの伝統と芸能文化は、演目の多様性と素晴らしさから世界中で絶賛されている。

「和楽器オーケストラあいおい」より
尺八:松﨑晟山、長須佳盟、田嶋健一、大河内淳矢

ほか

[ナレーション]窪田 等