ゆびきりの家 ひらパーお化け屋敷2021

ムービー

ストーリー

「夕方まで家に帰らずにおとなしく遊んでいたら、
お母さんは迎えに行くからね。ゆびきりげんまん」
しかし、母親は帰ってきませんでした。
少女の『あやこ』は、捨てられたのです。
その時から、彼女の小指は次第に感覚がなくなり、
ゆびきりしたままの形で、動かなくなりました。

10数年後、大人になった『あやこ』に恋人ができ、
彼と遊びに行く約束のため、再び“ゆびきりげんまん”をします。
しかし、恋人は現れません。
その時、『あやこ』は知るのです。
もう一度、大切なものを失くしてしまったことを。

それでも彼女は待ち続け、やがてその家の深い闇の中で、
孤独のうちに亡くなってしまいました。
その亡骸を目にした者は、『あやこ』の右手の小指が
かぎ状に曲がっているのをみつけるはずです。

ミッション

彼女の亡骸は、まだ布団の中です。
どうか、『あやこ』の小指に自分の小指を絡めて、
ゆびきりをしてきてあげてください。
『あやこ』が無事成仏できるように…。

会場

ひらかたパーク イベントホールⅡ

営業時間

営業日、時間についてはひらかたパークの
営業カレンダーをご確認ください。

開催日程

2021年7月10日(土)~9月5日(日)
※期間中休園日あり

注意事項

  • イベント内容の特性上、小学生以下のご利用は 15 歳以上の方の同伴(有料)が必要です。
  • 次の項目に該当する方のご利用はご遠慮ください(体調が万全でない方、妊娠中の方、過呼吸の経験がある方、酒気帯びの方、目や耳が不自由な方のみでのご利用、その他スタッフがご利用いただけないと判断した方)。
  • 会場内での写真撮影、動画撮影はできません。
  • 傘、ベビーカーのお持ち込みはできません。
  • ヒールの高いものや、サンダルなどの脱げやすいお履きものでのご利用はご遠慮ください。
  • 混雑時、最終受付時間(通常閉園時間まで)を早める場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ご来場の際は新型コロナウイルス感染拡大防止策にご協力をお願いいたします。
ゆびきり げんまん うそついたら はりせんぼん のます ゆびきった

ゆびきりの家2021開催にあたって

五味弘文
お化け屋敷プロデューサー
五味弘文氏
「ゆびきりの家」は、2012年に開催され、私が特に愛着を持っているお化け屋敷です。
主人公の“あやこ“は、恋人と遊園地に行こうとゆびきりをしましたが、それを果たせないまま亡くなり、今でも廃屋となった家の中をさまよっています。
ひらかたパークで「ゆびきりの家」を開催すると決まった時、あやこと約束を交わしたのは、実は私だったのではないかと気づきました。
これは、あの時からずっと決まっていたことだったのかもしれません。今回、あやこをひらかたパークに連れてきてあげられて、私はようやく、あの時ゆびきりした約束を果たすことができたのです。
あやこもきっと喜んで、夢に見た遊園地で、みなさんを待っていることと思います。
どうか、そんなあやこに会いにきて、ゆびきりをしてあげてください。
でも、くれぐれも気をつけてください。
あやこは決してゆびきりをした人のことを、忘れませんから。

お問い合わせ

ひらかたパーク
電話 0570-016-855 (受付:ひらかたパークの営業時間内)

イメージ
主催
京阪電気鉄道株式会社
企画/製作
MBSテレビ 株式会社 闇
制作
株式会社オフィスバーン
演出
五味弘文
SHARE
Twitter
Facebook