11月24日朝、大阪府松原市の阪和自動車道で車7台が絡む事故がありました。3人が病院に搬送され、うち1人が死亡しました。

 24日午前8時半ごろ、松原市の阪和道上り線・松原IC付近で起きた7台が絡む多重事故。現場では大破した車が道をふさいでいます。前方の車にぶつかったとみられるトラックのフロントガラスは、大きくゆがみ破損しています。警察によりますと、このトラックが複数の車に接触した後、別のトラックに追突したとみられ、トラックを運転していた男性(24)は心肺停止の状態で搬送されましたが、その後死亡しました。このほか男女2人も病院で治療を受けています。

 この影響で阪和道上り線などの一部区間で通行止めとなっています。