日本の南の海上で台風15号が発生しました。近畿地方には9月23日夜にも接近するおそれがあり、気象台は土砂災害への警戒を呼びかけています。

 台風15号は日本の南にあって1時間に約20kmの速さで北へ進んでいます。中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18mです。この後、北上して、近畿地方には23日夜にも接近するおそれがあります。

 和歌山県南部では降り始めからの雨量が、新宮市新宮で249mm、串本町潮岬で174.5mmとなっています。雨の中、白浜に観光に来た人は…。

 (白浜に観光に来た人)
 「先週も今週も休みのたびに台風が来るので、なかなか遊びに来られないですね」

 大阪管区気象台は、夜遅くにかけて土砂災害に警戒すると共に、低い土地の浸水や河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。