乗客ら42人が死亡した滋賀県の信楽高原鐵道の列車衝突事故から31年を迎えた5月14日、事故現場付近で法要が営まれました。

 事故発生時刻に近い午前10時半すぎ、列車が追悼の思いを込めた警笛を鳴らし、現場を通過しました。

 1991年5月14日、信楽高原鐵道の普通列車とJR西日本の臨時列車が正面衝突し、乗客ら42人が死亡、600人以上が重軽傷を負いました。

 今年も新型コロナウイルスの影響で参列者は遺族のほかJR西日本と信楽高原鐵道の社長などに限って法要が執り行われました。

 (JR西日本 長谷川一明社長)
 「経営状況にかかわらず安全最優先という考え方はいささかも揺るがすことなく取り組んでまいりたい」