梅の特産地・和歌山県田辺市では、少し小ぶりな「小梅」の収穫が始まっています。

 取材先の農家では、大玉の南高梅よりも実りが早い「白王」という品種の小梅の収穫が行われています。摘み取られた実は専用の機械で大きさごとにわけられます。今年は気温の影響で収穫時期が少し遅れましたが、出来ばえはよいということです。

 (梅農家 森敦洋さん)
 「皆さんのところに届くときにはおいしくできあがっていると思うので、食べていただけたらありがたいです」

 収穫された小梅は京阪神方面に出荷されるということです。