≪関西のニュース

「同僚から暴力を受けていて一緒に働きたくなかった」大阪の倉庫火災で派遣社員を逮捕

更新:2022/01/15 09:50

 去年11月に起きた大阪市此花区の倉庫火災で、警察は放火の疑いで派遣社員の19歳の少年を逮捕しました。

 現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、大阪府内に住む派遣社員の少年(19)です。警察によりますと、少年は去年11月、出入りしていた大阪市此花区の日立物流西日本の倉庫で、ダンボールパレットに火をつけた疑いがもたれています。

 倉庫には医薬品などが保管されていて、全体の7割にあたる約4万平方メートルが焼けましたが、けが人はいませんでした。

 少年は「ターボライターで火をつけた。同僚から暴力を受けていて一緒に働きたくなかった」などと容疑を認めているということです。少年は1月14日に大阪市西淀川区で起きた日立物流西日本の倉庫火災についても「火をつけた」と話していて、警察が詳しく調べています。


最近の関西ニュース