≪関西のニュース

統合差し止めの仮処分…神戸地裁『決議方法に著しい不公正』関西スーパー異議申し立て

更新:2021/11/25 10:03

 関西スーパーの経営統合について、神戸地裁が統合手続きを差し止める仮処分を決定しましたが、これを不服とし、関西スーパーが異議申し立てを行いました。

 関西スーパーの経営統合をめぐっては10月末の臨時株主総会で賛成が3分の2をわずかに上回り承認されていましたが、白票を投じた株主の議決権をどう扱うかが焦点となっていました。

 11月22日に神戸地裁は首都圏のスーパー「オーケー」が統合手続きの差し止めを求めた仮処分を認める決定をしました。地裁は理由について、株主がマークを記入せずに投票箱に入れた行為は、「棄権」すなわち「議決権は行使するが賛成ではないという意思としか解することができない」として、総会の決議方法に「法令違反または著しい不公正がある」としました。

 関西スーパーはこの決定について「直ちに是正されるべきものと考えている。総会の適法性及び公正性を明らかにする」として神戸地裁に異議の申し立てを行いました。


最近の関西ニュース