≪関西のニュース

難民認定ミャンマー選手が日本のフットサル『Fリーグ』公式戦デビュー「感謝したい」

更新:2021/11/24 10:29

 命の危険があるとして帰国を拒み今年8月に難民認定されたサッカーの元ミャンマー代表選手が、日本のフットサル・Fリーグで公式戦デビューしました。

 サッカーの元ミャンマー代表のピエ・リアン・アウン選手(25)は、今年5月のワールドカップ予選でミャンマー国軍への抗議の意思を示したことで命の危険があるとして、帰国を拒みました。その後、難民認定を受け、今年9月には「Y.S.C.C.横浜フットサル」に入団しました。

 そして11月23日の試合、アウン選手は後半残り10分を切った場面で途中出場。チームは敗れましたが、難民認定されたプロ選手がFリーグ公式戦に出たのは日本初です。

 (ピエ・リアン・アウン選手)
 「緊張した」

 アウン選手は「大きな舞台でプレーできたことに感謝したい」と話していました。


(2021年11月23日放送より記事を作成)


最近の関西ニュース