≪関西のニュース

“兵庫版GoTo”すでに190組650人の予約が入った旅館も「電話がパンク状態」

更新:2021/10/14 18:25

 10月14日から利用が始まった『兵庫県版GoToキャンペーン』。効果は出ているのでしょうか?

 14日から利用がスタートした兵庫県版GoToキャンペーン「ふるさと応援!ひょうごを旅しようキャンペーン」は、その名の通り“兵庫県民”かつ“兵庫県内を目的地とする旅行”が対象で、登録施設では宿泊料金が1泊あたり最大5000円も割り引きになります。

 10月12日から予約が始まっていましたが、初日の14日、様子を見に行ってみると、城崎温泉の老舗旅館「西村屋ホテル招月庭」には早速キャンペーンの利用客が訪れていました。

 (利用客)
 「テレビの情報とかで知りました。タイミングが良かったですね」

 「西村屋ホテル招月庭」では、14日を含めて約190組・650人が兵庫県版GoToを使って宿泊に訪れる予定です。すでに予約したにもかかわらず、今回のキャンペーンを利用するために予約を取り直す人も多いといいます。

 (西村屋ホテル招月庭 芳賀博人支配人)
 「問い合わせの電話で今はパンク状態になっております」

 今回のキャンペーンは、関西の他府県の住民は対象外ですが、地元は大きな期待を寄せています。

 (城崎温泉旅館協同組合 日生下民夫理事長)
 「兵庫県は約540万人の人口を抱える非常に大きな県ですから。それに元々神戸とか姫路とかから大勢の方が城崎温泉に来ていただいていましたので、これからどんどん盛り上がっていこうと思います」


最近の関西ニュース