≪関西のニュース

「五輪」「鬼滅」のニセモノ増加…大阪税関 上半期の輸入差し止め点数が去年の3倍に

更新:2021/09/10 21:03

 大阪税関は偽ブランド品など海外から輸入を差し止めた点数が、去年の同時期に比べて約3倍に増加したと発表しました。

 大阪税関によりますと、今年1月~6月までの上半期に知的財産権を侵害したとして差し止めた輸入品が去年の同時期に比べて3.1倍の約18万点に上ったということです。

 差し止めた物品には、東京オリンピック関連のニセモノが多く、他にも人気アニメ「鬼滅の刃」のニセモノなどが増えているということです。

 持ち込まれた国別では中国が最も多いほか、ベトナムからの輸入が去年の同じ時期と比べて14.5倍に増えたということです。

 大阪税関は増加した背景について「コロナ禍で巣ごもり需要が増加し、インターネット通販を通じて購入されたものが増えたとみられる」としています。


最近の関西ニュース