≪関西のニュース

無観客五輪をどこで応援?パブリックビューイングでは悩ましい“時短要請と試合時刻”

更新:2021/07/27 13:28

 新型コロナウイルスの影響により、大半が無観客となった東京オリンピック。皆さんどのように応援するのでしょうか?

 大阪・ミナミのスポーツバー「ダイニングカフェ&スポーツバーロカヒ」。感染対策をした上で、競技の放送時間に合わせて朝からお店を開けています。座席は従来の24席から18席に減らして、全席にアクリル板を設置しましたが、一番の悩みは営業時間です。

 (桑田大樹店長)
 「営業時間短縮がせめて午後9時までだったら、1試合くらい見ながら飲めるのかなと。時短要請をもうちょっと遅くしてほしい」

 「まん延防止等重点措置」となっている大阪市では、飲食店には午後8時までの時短営業要請が出ていて、いくら試合が盛り上がっていても午後8時を超えればお客さんには帰ってもらわなければいけません。

 (客)
 「家で個人的に見るよりは、こういうところでみんなで盛り上がりながら見たほうが、やっぱり楽しさはあるかなと思いますね」

 一方でどこで観戦するかを尋ねると?

 (客)
 「家かな」
 「私は家で見ようかなと思います」

 自宅観戦が呼びかけられている今回の東京オリンピック。実際こちらのお店では、7月22日の段階で予約はほとんど入っていないということです。

 (桑田大樹店長)
 「前回のラグビーW杯の時は満席、立ち飲み、ぎゅうぎゅう箱詰めだったので。それに比べたら今年のオリンピックは全く。オリンピックやってんの?という感じ」

 一方、7月22日夜に予定されている男子サッカーには、兵庫県尼崎市出身の堂安律選手が出場します。

 地元の星である堂安選手のために尼崎市は、JR尼崎駅前のホテルで堂安選手を応援するパブリックビューイングを計画していました。しかし、パブリックビューイングは“イベント”扱いで、兵庫県は午後9時までの時短要請をしているため、午後8時のキックオフだと前半しか見れないため、中止となりました。

 (地元の人)
 「選手がかわいそうやね」
 「盛り上がりも大切かもしれないけれど、やっぱり感染も気になるところなので。そこはしっかり」

 無観客五輪。試行錯誤しながら応援する日々となりそうです。


最近の関西ニュース