≪関西のニュース

夏の水上オートバイの迷惑行為を警戒 『第八管区海上保安本部』パトロールの出発式

更新:2021/07/21 17:45

 夏のレジャーシーズンが本格化するのを前に、海の安全を守るためのパトロールを行う海上保安庁が出発式を行いました。

 7月22日からのパトロールに向けて京都府舞鶴市で出発式を行った第八管区海上保安本部。水上オートバイで舞鶴市や宮津市などの沿岸部を回り、遊具やボートで遊んでいる人たちに安全確認やマナーの向上などを呼びかけます。

 天橋立周辺では例年この時期に水上オートバイなどによる迷惑行為が横行していて、海上保安庁が警戒を強めています。

 (第八管区海上保安部 岩崎成晃交通部長)
 「事故がいったん起きてしまうと、楽しいはずの海水浴が台無しになりますので、一定のルールを守って遊泳を楽しんでいただきたいと思います」

 パトロールは8月15日までの土・日・祝日に行われます。


最近の関西ニュース