≪関西のニュース

「京都芸術大学」校名使用差し止め裁判で和解 “京都芸大”“京芸”は使わないで合意

更新:2021/07/21 10:31

 「京都市立芸術大学」が「京都芸術大学」に校名の使用差し止めを求めていた裁判で、それぞれの略称について取り決めた和解が成立しました。

 京都市左京区の「京都造形芸術大学」は去年4月に校名を「京都芸術大学」に変更しました。

 これに対して“京都芸大”という呼び名が定着している「京都市立芸術大学」は、混乱を招くとして、校名の使用差し止めを求めて提訴しました。しかし、大阪地裁は「“市立”の部分によって区別することができる」などとして「京都市立芸術大学」側の訴えを退けました。

 その後、大阪高裁でも訴訟が続いていましたが、今年7月20日に和解が成立しました。

 京都市によりますと、「京都芸術大学」に対して校名の使用は認める一方、略称の“京都芸大”と“京芸”は使わない、ということで合意したということです。


最近の関西ニュース