≪関西のニュース

小学生が持久走中に倒れて死亡…マスクとの因果関係は?市教委が事故調査委員会を設置

更新:2021/07/20 19:15

 死亡とマスク着用との因果関係は判明するのでしょうか。大阪府高槻市で小学生の児童が体育の授業中に倒れて死亡したことを受けて、市の教育委員会が事故調査委員会を設置することがわかりました。

 今年2月、大阪府高槻市の小学校で行われていた体育の授業で、当時小学5年の男子児童が5分間の持久走の終了間際に倒れ、搬送先の病院で死亡しました。これまで高槻市教育委員会は、『男子児童が保健室に運ばれた時、あごにはマスクがかかっていたが、死亡とマスクとの因果関係はわからない』として、詳細な調査を検討していました。

 そして7月20日、高槻市教育委員会は第三者による事故調査委員会を設置すると発表。委員は保健体育などに詳しい専門家など3人で構成するということです。

 夏休み中に事故現場の確認や関係者からの事情聴取を行うとしています。


最近の関西ニュース