≪関西のニュース

横断しようとした小学1年の男児 軽乗用車にはねられ意識不明の重体 和歌山市

更新:2021/07/20 10:00

 和歌山市内の県道で小学1年生の男の子(6)が軽乗用車にはねられる事故があり、意識不明の重体となっています。

 19日午後5時20分ごろ、和歌山市直川の県道で小学1年生の男の子が道路を横断しようとしたところ、20代の女性が運転する軽乗用車にはねられました。警察によりますと、男の子は頭の骨を折るなどして意識不明の重体です。

 現場はJR阪和線の六十谷駅から東に1.5kmほど離れた見通しのいい片側1車線の道路で、男の子は横断歩道ではない場所を渡っていたとみられています。

 警察は、車を運転していた女性から話を聞くとなどして事故の原因を調べています。


最近の関西ニュース