≪関西のニュース

自衛隊運営の大阪の大規模接種センター“9月下旬まで期間延長”1日5000回を維持

更新:2021/07/19 18:05

 政府は大阪と東京の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの設置期間を9月下旬まで延長する方針を固めました。

 自衛隊が運営する大阪と東京の大規模接種センターの設置期間は、当初は5月24日から3か月間の予定となっていました。しかし、大阪でまん延防止等重点措置が、東京で緊急事態宣言が、8月22日まで出されるなど依然として厳しい状況が続いています。また、ワクチン接種対象を全国の18歳以上に拡大したこともあり、延長することを決めました。

 ワクチンは引き続きモデルナ製を使用して、1日あたりの接種回数は大阪で5000回を維持する予定で、予約はインターネットと電話で受け付けます。


最近の関西ニュース