≪関西のニュース

関西でも『ワクチン割引』導入の飲食店が登場 コロナ禍で減った客を取り戻す策に

更新:2021/06/10 19:05

 新型コロナウイルスのワクチンを接種した人を対象に料金を割り引くという新たなサービスを始めた飲食店が各地で登場しています。

 神戸市中央区にある老舗餃子店「ひょうたん三宮店」。元々は地元客で賑わっていましたが新型コロナウイルスの影響で客が減りました。そこで6月10日から始めたのがワクチンを2回接種した人が証明書を持参すれば100円引きになるという『ワクチン割』です。(1人につき2人前以上の注文が対象)

 (客)
 「お得になるなら使いたいなと思いますけどね」
 「ワクチンを打つ人が増えるならいいんかなと」

 (ひょうたん三宮店 長塚仁孝店長)
 「ワクチンを打って外に食べに行こうよという気持ちになってくれたらそれでいいですよね。また神戸の街も潤ってくるやろうし」

 神戸市にあるワクチンの大規模接種会場。そのすぐ近くのショッピングセンターにあるラーメン店「どうとんぼり神座・神戸ハーバーランドumie店」では、ワクチンを2回接種済みという証明書を提示すると、ラーメンのトッピング(通常130円)が無料になります。

 大阪市福島区の焼肉店「三代目脇彦商店本店」では、以前から酒を出しておらず、焼肉だけを純粋に楽しんでもらおうという会員制ですが、緊急事態宣言中の今は閉店時間を午後11時から午後8時に早めています。そのために来店を諦める客もいるといいます。こちらの店でも、時短営業要請の解除を見据え、ワクチンの接種証明書を見せると、料金から1人につき、1回接種の場合は1000円、2回接種の場合は3000円を割り引くサービスを始めました。

 (客)
 「そういう店が増えたらね、みんな接種しに行くんちゃいますか」

 (三代目脇彦商店本店 松本龍彦大将)
 「お客さまが外食も控えているので、飲食店がこういう状況ですので、もっと盛り上げたいなと」

 新サービスでワクチン接種と同時に飲食店の巻き返しにも期待がかかります。


最近の関西ニュース