≪関西のニュース

“職場接種”甲南大・甲南女子大・神戸薬科大が共同実施 神戸大も近隣大学の学生対応

更新:2021/06/10 19:06

 政府は職場や大学などで行われる新型コロナウイルスのワクチン接種の受け付けを6月9日から始めています。

 兵庫県神戸市の甲南大学も大学での職場接種を行うことを発表しました。大学での接種をめぐっては、医学部など医療系の学部が無いところでは“打ち手”が確保できず実施しにくいという問題が起きています。甲南大学も医療系の学部がありませんが、甲南女子大学・神戸薬科大学などと共同で行うことで問題を解決したといいます。場所は甲南大学の体育館を使い、学生や教職員など約1万7000人を対象に接種を実施します。

 (甲南大学 松岡治彦広報課長)
 「甲南医療センター(病院)からは医師と看護師、甲南女子大学(看護学科)からは看護師、神戸薬科大学からは薬剤師、甲南大学(医務室)からは看護師、それぞれの人材を活用することで、その問題をクリアすることができました」 

 さらに神戸大学も学生や教職員ら約1万9000人への職場接種を行うと6月10日に発表しました。近隣にある神戸松蔭女子学院大学の学生ら約3000人も受け入れるということです。

 いずれの大学も6月下旬に接種を開始したいとしています。


最近の関西ニュース