≪関西のニュース

どちらが“日本最古”の時計台だったのか!?兵庫県出石町「辰鼓楼」の調査結果発表!

更新:2021/06/10 11:16

 札幌の時計台と並び日本最古とされてきた兵庫県出石町の時計台「辰鼓楼」。どちらが本当に日本最古なのかは謎に包まれてきましたが、6月9日に町の観光協会がこの問題に決着をつけました。

 明治14年に建てられた兵庫県出石町の時計台「辰鼓楼」は、これまで動き出した日がわからず、札幌の時計台と並んで日本最古とされてきました。

 そこで地元の観光協会と兵庫県豊岡市は、どちらが本当に日本最古なのか決着をつけようと、8か月をかけて古文書を調べるなど辰鼓楼の動き出した日を調査して、その結果を6月9日に発表したのです。

 札幌の時計台が動き出したのは明治14年8月ですが…?

 (兵庫県豊岡市の担当者)
 「どうやら9月8日に辰鼓楼が時を知らせ出したということが書かれていまして…」

 調査の結果、残念ながら辰鼓楼は日本で“2番目”に古い時計台であることがわかり、日本最古の称号を明け渡すことになったのです。観光協会は今後は9月8日を記念日に制定してPR活動を行っていくとしています。


最近の関西ニュース