≪関西のニュース

大規模接種『予約したのに来ない人が4000人』“接種できない時はキャンセルを!”

更新:2021/06/09 18:16

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで、4000人以上が予約をキャンセルせずに来場しなかったことがわかりました。

 大阪府と東京都に設置されている国の大規模接種センター。政府は6月8日の閣議で、2つの会場で5月24日~31日に予約をしているのに接種を受けに来なかった人数が4081人に上ったとの答弁書を決定しました。防衛省は「予約日に接種できなくなった場合は速やかに予約をキャンセルしてほしい」と呼びかけています。

 また、6月9日の午前10時時点での大阪の大規模接種センターの予約状況は、6月14日~20日で約45%、6月21日~27日で約6%だということです。

 (自衛隊大阪大規模接種センター 安武優一接種隊長)
 「予約の枠はまだ空いていますので、大阪府・兵庫県・京都府の方で1回目をまだ打っていない方は、こちらで予約いただければ、その時に対応できます」

 一方、6月15日から65歳以上を対象にした大規模接種が始まる京都府。京都府精華町の「けいはんなプラザ」では、職員らが本番を想定したリハーサルを行い、受け付け・問診・接種といった一連の手順や利用者の動線を1つ1つ確認しました。京都府の大規模接種は、この会場と京都府亀岡市の「サンガスタジアム」で、1日に計2400人規模の接種を進める予定です。


最近の関西ニュース