≪関西のニュース

高齢者施設での接種で“使用済み注射針”を別の人に刺す『未使用と一緒に置いていた』

更新:2021/06/09 12:20

 奈良市は6月9日に会見を開き、奈良市内の高齢者施設で6月7日に行われた新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、90代の女性入所者に対して、誤って他人に使用した注射針を空のまま刺したと発表しました。

 看護師が、使用済み注射器の針にキャップを付けて使用前の注射器と一緒に置いていたため、別の看護師が気づかずに使ってしまったということです。

 今のところ女性に健康被害は出ていないということです。


最近の関西ニュース