≪関西のニュース

予約枠に“多くの空き”国の大規模接種センターの大阪会場『5万7000人分』が残る

更新:2021/06/08 20:13

 大阪市内に設けられた新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約状況に多くの空きがあることがわかりました。

 岸信夫防衛大臣は、国が東京と大阪で運用する大規模接種センターについて、6月14日~27日の新規予約枠が『全体の8割以上空いている』として早期の接種を呼びかけました。岸大臣は要因について、枠が2週間分に拡大されたことや、地方自治体での接種の本格化などを挙げました。

 (岸信夫防衛大臣 6月8日)
 「大阪については、7万人の予約枠に対して、5万7000人の予約枠が残っております」

 また大阪市は6月8日、インテックス大阪で独自に運営する大規模接種センターについて、6月14日~20日分の予約受け付けを始めましたが、6月8日の午後4時過ぎの時点で、2万4500件の予約枠が約16%の3830件しか埋まっていないということです。

 大阪市は、65歳以上の高齢者で予約が埋まらなければ、接種券が届いた64歳以下の市民の予約も受け付けるということです。


最近の関西ニュース