≪関西のニュース

「スムーズだった…」インテックス大阪で大規模接種開始 65歳以上の大阪市民に接種

更新:2021/06/07 18:20

 大阪・南港の『インテックス大阪』に設けられた大阪市独自の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで、6月7日から65歳以上の高齢者の接種が始まりました。

 大阪にワクチンの大規模接種センターが設けられるのは自衛隊のセンターに次いで2か所目で、歯科医師によってモデルナ社製のワクチンが接種されます。

 (接種を受けた人)
 「近くで一番早いのはここだったので。スムーズで、さっさっさっさっと」
 「早く接種したいから。安心やし」

 接種の対象となるのは電話かインターネットで事前に予約した大阪市民ですが、中には予約せずに来た人もいました。

 (予約せずに会場に来た人)
 「打てるんかなと思ってきたんやけど、やっぱり予約してないと打てない。ニュースなどいろいろ見たら、余っているから打てるかなと」

 男性は結局、接種を受けられずに会場をあとにしました。

 また、センターへのアクセスとして、梅田・難波・天王寺など5か所と会場を往復するシャトルバスが運行しています。初日となった6月7日はバスが混雑している様子はありませんでした。

 (梅田発のバスに乗った人)
 「誰も乗ってへんねん。気の毒でな」

 会場付近には臨時駐車場も設けられていて、接種を受ける人は無料で利用することができるということです。

 (駐車場を利用した人)
 「車で来ているから駐車場が心配だった。空いてましたよ」

 6月14日以降は1日最大で3500人の接種が行われるということです。

 また、大阪府は、大阪市中央区の『マイドームおおさか』で行う独自の大規模接種について、6月19日に開始すると発表しました。大阪府内に住む65歳以上の高齢者や医療従事者が対象で、インターネットと通信アプリLINEで6月15日に予約の受け付けを始めます。


最近の関西ニュース