≪関西のニュース

複数回に分け「バール」など購入のレシート 死亡の男を女子大生殺害容疑で書類送検へ

更新:2021/05/05 12:10

 大阪府大東市のマンションの一室で女子大学生が殺害された事件で、警察は事件直後に死亡した真下に住む男が殺害に関わった疑いがあるとして、容疑者死亡のまま書類送検する方針です。

 今年4月、大東市のマンションで大学4年生の女性(21)が全身を切りつけられるなどして殺害されました。同じ時間帯に真下の部屋で火災が起き、会社員の男が死亡しました。

 警察によりますと、男の部屋に残されていた数枚のレシートなどから、男が4月上旬から事件前日までの間、数回に分けてホームセンターで凶器とみられるバールなどを購入していたことがわかりました。また事件現場に残されていた刃物からは男の指紋が検出されていて、警察は男が殺害に関わった疑いがあるとして、容疑者死亡のまま殺人などの疑いで書類送検する方針です。


最近の関西ニュース