≪関西のニュース

センバツ高校野球の組み合わせ決定!異例のオンライン抽選会の結果は?選手宣誓は?

更新:2021/02/23 18:00

 3月19日に開幕するセンバツ高校野球の組み合わせ抽選会が2月23日に行われました。新型コロナウイルスの感染対策のため、今年は32の出場校のキャプテンをオンラインでつなぐ異例の抽選会となりました。

 2月23日午後3時、32分割の画面に出場校のキャプテンが勢ぞろいしました。あらかじめ決められた順番に、キャプテンがボードに貼られた50音を選択、その中に入っている番号で試合日程が決まっていきます。

(司会)「続いて市立和歌山の松川キャプテン。」
(市立和歌山 松川虎生主将)「アでお願いします。」
(司会)「アですね。19番です。市立和歌山は19番に入りました。」

 組み合わせ抽選の結果は以下のようになりました。


【第1日】
初日に神戸国際大付属が登場。第2試合は強豪同士の激突、仙台育英の島貫主将が選手宣誓をします。

第1試合:神戸国際大付(兵庫)-北海(北海道)
第2試合:明徳義塾(高知)-仙台育英(宮城)
第3試合:健大高崎(群馬)-下関国際(山口)


【第2日】
2日目は第1試合で奈良の天理が宮崎商業と対戦。第3試合は東海大附属同士の対戦となりました。

第1試合:宮崎商(宮崎)-天理(奈良)
第2試合:三島南(静岡)-鳥取城北(鳥取)
第3試合:東海大相模(神奈川)-東海大甲府(山梨)


【第3日】
3日目の第1試合は21世紀枠同士が戦います。第3試合は兵庫の東播磨が大分の明豊と対戦します。

第1試合:具志川商(沖縄)-八戸西(青森)
第2試合:福岡大大濠(福岡)-大崎(長崎)
第3試合:明豊(大分)-東播磨(兵庫)


【第4日】
4日目の第1試合は市立和歌山が古豪・県立岐阜商業に挑みます。第2試合の大阪桐蔭対智弁学園のカードは初戦屈指の好カード。秋の近畿大会決勝戦の再現となりました。

第1試合:市和歌山(和歌山)-県岐阜商(岐阜)
第2試合:智弁学園(奈良)-大阪桐蔭(大阪)
第3試合:広島新庄(広島)-上田西(長野)


【第5日】
5日目の第2試合に初出場の京都国際が登場、宮城の柴田との対戦です。

第1試合:東海大菅生(東京)-聖カタリナ学園(愛媛)
第2試合:柴田(宮城)-京都国際(京都)
第3試合:常総学院(茨城)-敦賀気比(福井)


【第6日】
6日目、一回戦最後の試合は愛知の中京大中京と千葉の専大松戸との対戦となりました。

第1試合:中京大中京(愛知)-専大松戸(千葉)


最近の関西ニュース