≪関西のニュース

『緊急事態宣言』関西3府県の反応は…「妥当だと思う」「もうちょっと早いほうが…」

更新:2021/01/13 20:24

 政府は1月13日、大阪・兵庫・京都など7府県に対して緊急事態宣言を発表しました。緊急事態宣言の期間は1月14日から2月7日までです。 

 政府の緊急事態宣言を受けて大阪・兵庫・京都の3府県は、医療機関への通院や食料の買い出しなど生活や健康維持に必要な場合を除いての「不要不急の外出自粛」を各府県民に要請し、特に午後8時以降ついては徹底した外出自粛を要請しました。また、府県全域の飲食店などに対し、営業時間を午後8時までに短縮するよう要請しています。

 緊急事態宣言が発表された大阪・兵庫・京都の3府県内の反応です。13日夜、大阪市内を歩く人に話を聞くと…

 「感染が急拡大ということで、妥当だとは思います。仕事も明日から1月末まで休みなので。(宣言は)ちょっと遅いかな。」
 「しょうがないんじゃないかなと思いますね。もうちょっと早いほうが感染も少なくて済んだかなと思います。」
 
 また、京都府の西脇隆俊知事は次のように述べました。

 (京都府 西脇隆俊知事)
 「3府県一体の発令ということで、3府県が連携して取り組むということで、より緊急事態措置の効果も高まると思っております。国や市町村と連携して感染拡大防止に取り組んでまいりたいと思っています。」

 さらに、神戸市内を歩く人に話を聞くと…

 「仕事がなくなるというか、お休みで給料は出るかなという感じなんですけど。難しいですよね、経済が回らないとお金も入ってこないですし。」
 「経済を止めるということの危険性というのは十分に菅さんも理解してらっしゃると思うので、やむを得ない処置としてタイミングも妥当だったんじゃないかなと思っています。気を引き締めるというか、全国で緩んでいたんじゃないかと。」 


最近の関西ニュース