≪関西のニュース

“宣言”時には兵庫・京都は“全域の飲食店などに午後8時までの時短営業要請”へ

更新:2021/01/12 19:05

 政府は1月13日にも大阪・兵庫・京都の3府県に対して緊急事態宣言を出す方針で、期間は2月7日までとなる見通しです。

 (菅義偉首相 1月12日)
 「大阪をはじめ感染が大幅に拡大している地域があります。こうした状況を踏まえ、緊急事態宣言の対象地域の拡大について検討に入ることにいたします。」

 (大阪府 吉村洋文知事 1月12日)
 「政府において迅速にご判断いただいたと思っています。1月14日以降の新たなお願い事項の方針を決定して、なんとか感染急拡大を抑えていきたい。」

 政府の方針を受け、対象となる3府県は1月12日午後にそれぞれ対策本部会議を開きました。12日午後6時半時点で、兵庫県と京都府は宣言が出された場合、府県全域の飲食店などに対して、営業時間を午後8時までに短縮するように要請する方針を決めました。また、イベントを開催する際の人数制限や午後8時以降の不要不急の外出自粛の徹底も求めるということです。

 (兵庫県 井戸敏三知事)
 「相当危機的な状況にある。これ以上、患者が増えるようになると、本当に厳しい対応が迫られてくることになりかねない。したがって、県民のみなさんにそのような厳しい状況にあることを認識していただきながら、ぜひ感染者数をこれ以上絶対に増やさない、そういう心構えで適切な行動をとっていただきたい。」

 (京都府 西脇隆俊知事)
 「京都市以外の京都府域でもそれなりに感染者数が増えているという実態もありますので、いろんなところからの声を聞いても、どうせやるならこの間、きちっと感染を抑えるべきじゃないかという意見も多かったものですから、全域ということにさせていただきました。」


【1月12日の新型コロナウイルス新規感染者数(午後6時時点)】
 大阪府は374人、兵庫県は161人、京都府は108人、奈良県では26人、滋賀県で24人、和歌山県で9人となっています。

 また、徳島県では過去最多となる35人の感染が確認されています。


最近の関西ニュース